原発説明会でやらせメール

 国が玄海原発の安全性を説明するケーブルテレビの番組に、九電上層部の原発推進のやらせメール指示が発覚した。6月26日に行われたこの玄海原発安全説明会には佐賀県民85万人からたったの7名を国が短時間で選んで行い、この人達からも不満や批判が上がっていたものである。
 九電上層幹部は番組放送4日前の6月22日に西日本プラント工業、九電産業、西日本技術開発、ニシム電子工業の4子会社の社員にメールを送信し「発電再開容認の一国民の立場から、県民の共感を得るような意見や質問を発信してほしい」と要請した。
 こうしたやらせメール自体けしからんことであるが、九電上層部の子会社に対する考え方や姿勢が見えてくる。本当に玄海原発が安全だと思うなら九電上層部のその人が自分で直接メールすればいいではないか。それをコソコソと自分は手を汚さずに弱い立場の子会社の社員にやらせようとする。たった一つのメールによる命令書で九電のために人がウソをつくのは当然だと思っている。
 この上層部の人間はやらせメールをさせれば、九電の社長や会長が喜ぶと思ってやったとされている。上にはヒラメ、下には威張りちらすという忌み嫌われる性格が極点にたっして丸出しになっている。
 玄海町岸本町長も、九電社長が喜ぶと思ったのかノコノコと「安全性が確認されたので原発再稼働に同意します」と伝えた、その途端に菅総理が「安全性確認のためストレステストをする」と言われて面目丸つぶれの状態になっている。欲を見透かされていいように扱われる姿はブザマである。
 こうした取り巻きと九電上層経営陣のたくらむ玄海原発の安全性は信じがたく再稼働は危険に満ちているとしか言いようがない。


1 スケッチはいつもの天神からです。筆ぺんを買ったので使ってみました。
a0037907_22383861.jpg



2 同じく。
a0037907_2239287.jpg



3 天神の街角から。GX100
a0037907_2240126.jpg

by datian | 2011-07-07 22:42 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-07-08 07:27 x
予算委員会の中継を見ていました。笠井代議士(共)だからこそ出来た質問であったと思っています。他の政党は企業献金を受け取っていますので・・・。凡そ公聴会的なものはこんなモノですね。教育基本法を変える時も同じような事が行われました。
Commented by datian at 2011-07-08 22:19
●あまぎやまさん、こんばんは。
 公聴会とか説明会とか意見を聞くという形だけとって
実際は原発を押し付けてくる、そんなあらすじだったの
でしょうが、今回ばかりはひっくり返ってしまい痛快で
すね。とはいえ、ストレステストと言いあまりにタイミング
よく、玄海原発再開にストップがかかったのでもうひとつ
何かがあるのではないか、そんな疑問もわいてきます。

<< ストレステスト 玄海町岸本町長が亡国の玄海原発... >>