節電のギマン

 九電は玄海原発を再開させようと懸命になっている。しかし原発5000万キロワットを再開せずとも産業界が保有する自家発電6000万キロワットのほうが発電能力が大きくこれを有効活用すればすむことである。
 この点について広瀬隆氏が「欺瞞だらけの電気事業連合会の節電計画」でわかりやすく説明し九電の問題点についてもふれています。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22254671.jpg


2 今日は暑かったですね、これは先月末早朝の虹。
a0037907_2226576.jpg

by datian | 2011-07-03 22:31 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-07-04 18:33 x
玄海町、亡くなる町があると思えば栄える町もあり。交付金には糸目を着けません。時間をかけてじっくり勉強しました。有り難うございました。
Commented by datian at 2011-07-04 22:07
●あまぎやまさん、こんばんは。
 交付金というお金で原発を容認させていく、その交付金はもとは
国民の税金ですもんね。電力会社のために税金もたっぷりと使って
あげくに、放射能をまき散らすわけですからひどいもんです。

<< 玄海町岸本町長が亡国の玄海原発... お知らせ 「新・月例展@BEN... >>