広島原爆120万発分

 100万キロワット級の原発は広島原爆の3倍から4倍のウランを毎日燃やし3キログラムの死の灰を毎日生み出す。原発1基が1年間で広島原爆の1000発分を自分の身体の中に溜め込む。全国には54基の原発があり一年間で5万4000発、原発が運転されはじめてから45年間に核生成物を広島原爆でいえば120万発分をため込んだことになる。ざっとみての単純計算としても毎年5万発が増え続けるという。
 それが世界有数の地震大国の狭い日本にあり、今回の福島原発事故では120万発分の中の一部が漏れ出した。一部といってもその放射線量は数10京ベクレル=数10×1万×1万×1万×1万で普通の原発事故(新聞沙汰になって大騒ぎになる規模)の数10億倍、そして今も1万倍が漏れている。
 120万発分と増え続ける核廃棄物のゴミは処理することが出来ず、その解決策もない。
 浜岡原発はアメリカ軍に言われて停止したが、あとの原発は運転中か運転を再開しようとしている。電力会社は儲けのために日本を放射能まみれの世界にしようといている。
 福島原発でどれぐらいの放射線量がもれたか、そして被爆を少なくする必要性や方法など分かりやすく武田邦彦氏(中部大学教授)が解説されています。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2111782.jpg



2 お昼休みの撮影散策から。Lumix DCM-G1
a0037907_2132461.jpg

by datian | 2011-05-22 21:10 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by 居酒屋ガレージ店主 at 2011-05-23 06:40 x
軽水炉はまだまし。
「もんじゅ」の今後が気になるんですよ。
Commented by datian at 2011-05-23 22:04
●居酒屋ガレージ店主さん、こんばんは。
 もんじゅは強烈ですね。私はまだ勉強不足なのですが
綱渡り的に冷やし続けている状態で高濃度のプルトニウムは
福島の100倍以上、地震プレートの真上にあって耐震性も
複雑な構造上から弱い。人類史上最悪の事故の可能性が否定
できない。むしろ起こっていないほうが不思議なぐらいかも
しれませんね。責任者の一人が今年自殺しているし、政府は
全力で対処しなければならないはずですが、なにをしている
のでしょう。そうとう深刻ですね。

<< 文部科学省にお母さんたちが抗議 電気は足りてる >>