電気は足りてる

 日本の電力会社の発電設備は2010年3月末時点(電気事業連合会調べ)で原発をのぞいて1億8820万キロワット、それに対して2010年もっとも消費電力が多かった8月7日が1億5900万キロワットと3000万キロワットほど余裕があり、それなりに足りているのである。
 電力にかぎらず浪費はよくないし家計も苦しいので浪費することはできないが、私など消費者が汗だくになって健康を害しながら爪の先に火をともすように節電をする事態でもない。
 同様に日本の原発だけを合計すると4880万キロワットだが、企業などの自家発電の合計が4390万キロワットでほぼ同程度の発電量を有している。企業が自家発電をするのは電力会社から電気を購入するよりコストがかからないからである。
 九州電力は原発が再開できないので火力発電をすると1日6億円のコスト増といっているがこうした事実の前に説得力はとぼしく、原発運転再開と電気代値上げの下地をつくろうとしか思えない。
 九州電力と沖縄電力はともに年間総発電量が1900万キロワット台で同程度だが、沖縄電力には原発が一基もない。九州電力は「15%節電」と叫び、原発の運転再開がなければどうにもならないような雰囲気ばかりを出しているが、ちょっとは九州の住民の安全と健康についてマトモに考え、沖縄電力のように原発なしで電力の安定供給をやったらどうか。


1 スケッチはいつもの天神からです。スケッチにSketchBookProで加筆しています。
a0037907_22134883.jpg



2 ニワゼキショウ Lumix DCM-G1
a0037907_22153128.jpg

by datian | 2011-05-20 22:23 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by 居酒屋ガレージ店主 at 2011-05-21 08:02 x
100万kWの原発、1kWhを10円で売ったとして1時間で千万円。
1日で2億4千万円かせいでくれることになりますんで。
そりゃもうなんとしても運転を継続したいでしょう。

しかし今回の地震・津波問題前に核燃料ゴミの問題やらは解決しないまま。
どうやって処分するの?
研究はしてますが、とりあえず放っぽりかと。
これじゃ、子供らに「ゴミ」捨てるな!」っ言えません。
Commented by あまぎやま at 2011-05-21 11:21 x
政財界迷言録:*「放射線は健康にいい」東電顧問・自民党加納時雄元参議院。*「環境に悪影響はない」自民党山本拓衆議院議員(地下式原子力発電所政策推進議員連盟事務局長)*「安全宣伝をもっと・・・、原子力発電所の事故で死んだ人は地球上にはいない」(民主党渡辺恒三 1980、4,8 衆院商工委)*「東電犯人説は問題だ」(民主党藤原正司参議員-東電出身)*「津波に堪えて素晴らしい、千年に1度の津波に堪えているのは素晴らし事。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」(経団連、米倉弘昌会長(3.16都内で)  マスコミ界が懐柔されないように・・・、大学や職場に「考える会」が出来始めました、60年安保の時のように国民的討論の輪が広がることを願っています。
Commented by datian at 2011-05-21 21:30
●居酒屋ガレージ店主さん、こんばんは。
 なるほど、これは笑いがとまらないぐらいぼろ儲けですね。
九州電力が玄海原発再開にこだわる理由がようく分かりました。
一に儲け、二に儲け、三四が無くて五に儲け、住民の健康など
屁のカッパでしょうね。

 核燃料のゴミはどうするつもりなんでしょうね。モンゴルに
原発を建設するのと抱き合わせて、モンゴルの地下に捨てよう
という無茶な話もあるようです。
 日本の原発から出た核燃料のゴミの極一部が福島から漏れて
これほどの放射能汚染ですから恐ろしいを通過してます。

Commented by datian at 2011-05-21 21:30
●あまぎやまさん、こんばんは。
 政財界迷言録、よく調べられましたね。これだけ並ぶと日本のトップに
立つ人間のいい加減さ、無責任さ、問題のすりかえ、総じて東電とその
儲けを守って国民の健康や生命の安全などどうでもいいという姿勢が
よく分かります。
 福島原発事故はこれからの日本をどうするのか、60年安保時のような
大論議がおこるかもしれませんね。残念なのは労働界が沈黙し大学教授
や知識層からの発言が少ないかあってもマスコミはとりあげないのが
当時と違っているようです。
 大学生がボランティアに献身する気持ちは
とてもよく分かるのですが、全国に54基もある原発をどうするのか
若者らしい自分たちの将来の問題として地元の大学で論議を巻き起こして
ほしいと思っています。
<< 広島原爆120万発分 玄海原発運転再開の同意はせず >>