浜岡原発停止はアメリカペンタゴンの要請

 浜岡原発が運転停止になったが、その要因は東電や政府への怒りの世論がひじょうに強くなったこと、そして経済界が浜岡原発が巨大事故をおこせば日本の中枢経済界にとって大打撃となり国際競争力に負け儲けが激減すると判断したからではないかと思っていた。どうもそれだけではないようなのだ。
 浜岡原発停止で経団連会長が「要請を決めた過程がブラックボックスだ」と強く反発し、それに対して枝野官房長官が「国民の安全安心を第一にした」とやり込めて突っぱねた。経済界中枢と菅政権が停止要請でもめ、菅政権の方がいきり立っているのを見ると経済界中枢からは要請は出ていないようだ。
 この疑問は青山繁晴(独立総合研究所社長 原子力委員会の専門委員)から停止がアメリカペンタゴンの圧力と要請であったことがもれ出てきて解けた。浜岡原発巨大事故でアメリカ軍の横須賀基地や横田基地などが使用できなくなることを現実問題として停止を強く要請したという。日本国民の安全を考えたのでなくアメリカの国益を第一にして停止要請をしたのだ。

 アメリカ軍基地が集中する沖縄に原発がないのが分かったような気がする。もし沖縄に原発があり攻撃をうけた場合や巨大事故が起こったときは、アメリカ軍基地が壊滅的打撃をうけるということだろう。
 沖縄電力の年間総発電量は1916万kwで九州電力の総発電量1933万kwと両社ともに1900万キロワット台でほぼ同量なのには驚いた。基地関係の電力消費が多いのかもしれない。それにしても九州電力とほぼ同量ながら原発なしでも十分に電力が足りているのは新発見だった。
 世界一の原発保有国であり推進のアメリカが沖縄に原発を建設せずにいるのは、原発の桁外れの危険性を知りぬいているからだろう。アメリカの儲けのために日本に原発をつくらせながら、自分たちに危険が及ぶところでは建てなかったり、停止させたりする、とてもお友だちとは思えないのだ。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2138975.jpg



2 ヒナゲシ Lumix DCM-G1+ZD50/2.0
a0037907_21382754.jpg

by datian | 2011-05-12 21:46 | スケッチ絵画 | Comments(4)
Commented by あまぎやま at 2011-05-13 09:30 x
より広い視野からの分析、鋭い!胃袋を握られた日本の弱点が露呈した感じですね。
Commented by datian at 2011-05-13 22:07
●あまぎやまさん、こんばんは。
 沖縄電力は年間総発電量1916万kwで 四国電力667万kw、
北海道電力741万kw、北陸電力820万kw、中国電力1266万
kwよりも多いには驚きました。それでいて沖縄電力には原発は
一機もない。原発なしでも十分やっていけることとアメリカが
軍事的な意味合いから危険を知り尽くしている原発を建てさせ
なかったことがうかがえます。おっしゃられているように確か
に日本は胃袋を握られてます。友達というような対等な関係で
はないようです。

Commented by あまぎやま at 2011-05-14 09:59 x
21世紀は新しいタイプの植民地主義時代と思って世界の情勢を見ています。日本と米国の関係が正しくその典型・・・、私の勝手な見方です。
Commented by datian at 2011-05-14 21:32
●あまぎやまさん、こんばんは。
 21世紀はどうなっていくのでしょうか。アメリカと日本、
EU諸国、ロシアと中国、それぞれが利害関係をもちながら
グループ化しつつ戦国時代に突入しているようです。

<< 黄砂から連想する放射能汚染 脱!原発サウンドデモ >>