玄海原発の地元の範囲とは

 お昼休みの食事時間にテレビニュースで玄海原発のことを報道していると、ひとりのパート女性が玄海原発からこの会社と居住地までの距離が60km前後であることを話しだした。そこで私もパソコンから刷りだしていた玄海原発からの5キロメートルごとの円周を書きこんである地図をだした。
 数名のパートの女性全員が騒然となってきて
 「近い、近すぎる」、
 「この福岡市は玄海原発から風下で帯状に放射能が広がるって!!」
 「これじゃアメリカ兵も近寄らいない危険区域だ」
 「ひぇ〜、そうなんだ!!」
 小さな子供さんのいる若いお母さんパートの人はより深刻で真剣である。 

 玄海原発2、3号機は4月下旬から運転再開の予定だったが、福島原発の事故から九州電力は地元の理解が得られないとして5月からに延ばしたが、それも無理で6月以降になるとしている。
 私の職場の同僚パートの人たちの厳しい反応からしても、理解など考えられない。まして玄海町の人たちからはなおさらである。

 ところで「地元の理解」という「地元」とはどの範囲までのことなのだろう。原発のある町という行政区域をはるかにこえて放射能汚染が広がることを福島はしめした。玄海原発から福岡県庁まで70km前後、東京新宿の都庁で言えば小田原ぐらいに3機の原発があることになる。近い近すぎる、地元とは行政区域ではなく広大な汚染範囲を想定し地元とすべきである。
 福岡知事と福岡市長は地元として、九電に玄海原発ついて鋭く厳しく問いただすべきではないか。

1 スケッチは職場の同僚です。
a0037907_2243515.jpg


2 ノヂシャ(Lumix DCM-G1+ZD35/3.5)
a0037907_22445599.jpg

by datian | 2011-04-23 22:46 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-04-24 09:57 x
仕事を離れて17年、元の職場でも原発が話題になったかな?と思いながら読ませて頂きました。datianさんの存在が仲間を組織し意識を変え連帯の絆を深めますように願っています。
Commented by datian at 2011-04-24 20:45
●あまぎやまさん、こんばんは。
 地震では心を痛めつつ何か出来ることは考えるのですが、どうしても
遠い東日本での悲劇として受け止めてしまう面があるります。しかし福島
原発事故となると玄海原発や川内原発と直結して距離感が一気になくなります。
 関連業者さんの営業さんも「あそこが事故ったら、九州は終わりだ!」と
真顔でしゃべり出します。

<< 20ミリシーベルトのソロバン勘定 電気料金値上げ、大手は自家発電... >>