原発は超高コスト

 原発の発電コストはどのぐらいなのだろう。算出方法はいろいろあるようで東電は自分の都合の良い計算方法をつかって石油よりはコストがかからないといってきた。
 しかし、この巨大原発事故で避難された人々への生活補償、農業漁業への賠償と補償、操業停止を余儀なくされた中小企業などの補償、広大な農地と海の再生費用、原発そのものの事故終息費用と十年単位の放射能管理と廃炉費用、などなどを合計すると想像のつかない巨額な金額になってくる。これは全部コストであり、やがて電気料金として跳ね返ってくることが予想される。もちろん原発事故に関わる住民補償はするべきだが、東電は補償額をケチリながら、損益にならないよう電気料金値上げや国からの税金を無心するだろう。電気代が値上されず税金も使わずということは考えられないが、仮にそうであったとしてもどこかが支払うか犠牲になり、表には出ないが社会的には高コストとなる。
 今回の巨大事故以前からJR東日本、NTT東日本、鉄鋼各社などは自前で発電所を設置しているが、電力会社から電気を買うより自社で発電するほうが発電所を設置する費用を含めてもはるかに安上がりという。大手企業などの大口需要家には安く提供されているはずだが、それでも自家発電より電気代は高いのだ。
 原発は高コストで儲からない、そう判断した伊藤忠商事と住友商事はもっと儲かりそうな米国ですすむ世界最大級の風力発電事業にそれぞれ約170億円を出資した。これを原発事故が起こってわずか1ヶ月ほどしかたたない今日発表した。いやそれより以前から研究していたのかもしれないが、両社あわせて340億円をポーンと出資する素早い動きである。高コストから低コストへより儲かる方へと資金は流動する。
 恒常的に高い電気代で工業製品単価をおしあげ、短期的にも輸出品の放射能汚染という風評被害、海外からの観光客も激減するという被害を受け経済発展の足かせになり、長期的な将来には超高コストな負担が押し寄せてくる。原発に未来と経済的発展のメリットもない。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_21532687.jpg



2 トウゴクサバノオ。(Lumix DCM-G1+ZD50/2.0)
a0037907_21545496.jpg

by datian | 2011-04-19 21:58 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-04-20 09:56 x
datianさんの話に耳を傾けながら将来に不安を抱える「天神の人」。事実の積み重ねてのレポートが人生観を変えてくれます。
Commented by datian at 2011-04-20 22:13
●あまぎやまさん、こんばんは。
 私もこの原発事故に衝撃を受けつつ、この巨大事故が今の日本の
欠陥というか、経済の仕組みというか、そうしたものが
凝縮されているように思えてきました。

<< 電気料金値上げ、大手は自家発電... 近場の山へ >>