原発推進学者が懺悔

 東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する学問科学技術分野の原発推進学者の重鎮たち16人が、「国民に深く陳謝する」と緊急提言をだした。提言では、事故の深刻性についてチェルノブイリ事故級の最悪の事態も想定しつつ、巨大事故の終息に有力な解決策が見いだせず、その難しさ厳しさ恐ろしさに震え上がっている。事態打開策について「当面の難局を乗り切るためには、関係省庁に加え、産業界、大学等を結集し、我が国がもつ専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的な取り組みが必須である」としている。

 これで学問科学技術の分野での原発安全神話は完全に崩壊した。推進学者が懺悔(ざんげ)し陳謝するのは良いここであり当然のことだ。しかし、少し陳謝するのが遅いのではないか、何故この時期にするのかとついつい勘ぐってしまう。
 原発について素人ではないこれほどの学識経験者ならば、事故発生から水素爆発の時点でその絶望的危機的状況を当然にも察しただろう。なぜその時に、緊急提言を出し福島県民と国民を放射能汚染から可能なかぎり守ろうとはしなかったのか。
 今も深刻な状況が続いているが連休明けぐらいに、終息に向かってのわずかな見通し的なものが出てくるのではないかと感じている。アメリカを含めた諸外国のこの問題に対する厳しい見方と対処の仕方が和らぎはじめていることもそう感じさせる。
 これから原発推進学者に対する強烈な非難が起こってくるだろう、それをなんとか柔らげ、自分たちが緊急提言をしたので終息の若干の見通しができたというストーリーを夢見ているのではないかと疑っている。これら原発推進学者が私財をなげうって死にものぐるいで終息の知恵とアイデアを出し財界と政界を原発反対で教育し中止させなければ、この疑いを解くことはできない。


1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2153326.jpg



2 近場より。Lumix DCM-G1+ZD50/2.0
a0037907_21535298.jpg

by datian | 2011-04-16 22:00 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-04-17 10:42 x
御用学者の何時もの姿勢、政治経済の分野でも同じですね、情けないです。「天神の人」のように事態を直視して欲しいモノです。
Commented by datian at 2011-04-17 20:18
●あまぎやまさん、こんばんは。
 政治経済の分野はほんとさらにひどいですね。学者がどんなに原発推進を
となえても実際に取り上げ実用しなければこんな事故にはならなかったので
すが、儲けに目がくらんでいるとしか言いようがありません。原発推進学者が
反省しているのですが、それを大手マスメディアが無視しているのはさらに
情けないです。
<< 近場の山へ 原発反対は一人ではなかった >>