朝礼で黙祷

 会社の朝礼で、東日本地震の犠牲者に黙祷を捧げることを思い切って提案した。朝礼の司会者でもある社長は「それは良い提案です」と受け入れてくれた。そして関連業者の現地事業所での話として「テレビで報道されているようなものではない。現地は地獄です。」という生々しい話をし、黙祷に入った。
 本当は地震から1ヶ月目の昨日に提案しようと考えていたが、忙しい日でもあり言いそこねていた、というか断られたらどうしようというへっぴり腰だったのだ。黙祷をしてみんなの地震と被災者へのいたわりの気持ちが実感として伝わってきた。

 ネイチャー系ブログでいつものように自然や花や蝶や鳥をつまり花鳥風月を美しく撮って地震以前のときと同じようにアップするのもいいと思う。でもその大切な自然が巨大原発事故で広範囲に壊滅的な環境破壊が進行しつつある。
 私が見るブログの範囲だけで判断してはいけないのだが、どうしてネイチャー系ブログの人は自身のブログでこのことについて意見を言わずに黙っているのだろう。たとえば自分が大切にしているモノに何の言われもなくいきなり泥をかけられたら、「あっ」とか「何をする!」とか「こらぁっ!!」とか思わず叫んでしまうのが当然だと思う。今回は泥ではなく、放射能をあびせられ今も流し続けている。それは自然界だけでなく当然にも人間界にもあびせられている。一言でいい、ふた言でも、何言でもいい、「あっ」でもいい、声をあげてほしい。
 絶対安全といっていた原発はそうではなかった、真っ赤なウソだった、原発には反対であるという私がおかしいのだろうか。私は言おうと思う。
 カメラメーカーもどうなのか、被写体である自然が大きなダメージを受けつつある。なにも言わないのか、被災地のカメラを無料で修理するのもいいかもしれないが、ちょっとは東電に文句をいったらどうか、同じ企業人としてどうなのか。カメラメーカーは元気以上の怒りを出せ。メーカー以上にプロの自然派カメラマンはもっと怒れ。

1 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_2210133.jpg



2 シハイスミレ。(Lumix DCM-G1+ZD50/2.0)
a0037907_22105641.jpg



3 同じく。
a0037907_22111562.jpg

by datian | 2011-04-12 22:11 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-04-13 09:39 x
怒りを受け入れるかのように黙とうを捧げる人、この可憐なスミレも失いたくないです。
Commented by datian at 2011-04-13 21:45
●あまぎやまさん、こんばんは。
 最近、道端にさく見慣れたレンゲやホトケノザ、菜の花、スミレなどの
野の花がとても美しく見えます。地震と原発事故以後にその思いは
強くなっております。

<< 原発反対は一人ではなかった 想定外と想定内だったこと >>