九州にも原発事故の汚染物質による汚染の可能性

 とうとう来たようだ。ドイツ気象サービス(DWD)が気象条件から汚染をシミュレーションしている。これを分かりやすく 武田邦彦 (中部大学)氏が「福島から一旦、太平洋に出た汚染物質は、その後、東風でぐるっと回って日本の房総半島、静岡、四国、九州とまわり、山陰から福井まで達します。つまり4月6日頃を中心にして初めて福島原発の汚染物質が西日本を汚染する可能性がありますので、注意が必要です。」と解説している。

 いたずらに不安をあおることなく情報等を冷静に見据えて書落ち着いた文章でかれているので私は参考にしている。

 九州と東北福島は遠くはなれ被災地という距離感のある言葉で表現されている。しかし原発事故と汚染はその距離感を近づけ、日本全体と近隣諸国をふくめて不安に陥れている。私が深刻になってもどうしようもないのだが、意味もなく楽観的にはなれない。とある超高額所得者は国外避難をしている。地獄の沙汰もカネ次第か。金の無い私どもは冷静に強く生きていくのみである。

1 スケッチはお昼休みの同僚です。
a0037907_21323361.jpg


2 お昼休みの撮影散策からムスカリ(Lumix DCM-G1+ZD50/F2.0)
a0037907_21333070.jpg


3 舞鶴公園ちかく。(Lumix DCM-G1+Apo-Lanthar 3.5/90)
a0037907_21363641.jpg

by datian | 2011-04-05 21:39 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2011-04-06 19:33 x
「花見の是非は自分で決める」私に変わって、この人が怒っています。何時も代弁して頂き感謝しています。
Commented by datian at 2011-04-06 21:35
●あまぎやまさん、こんばんは。
 都知事は地震を天罰と言い今度は被災者のことを思っているような
自粛説教をしだして何を勘違いるのでしょうか。
 「花見の是非は自分で決める」まさしくそうだと思います。

<< 風向きがかわり西日本は安全に 地震で製造材料入手困難 >>