板と鈴

 題名そのまんまです。

1 板(シグマDP2)
a0037907_2226588.jpg



2 鈴(シグマDP2)
a0037907_22262931.jpg



3 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22264792.jpg



4 おなじく。
a0037907_2227748.jpg

相変わらず忙しくセコセコ動いております。
by datian | 2011-02-21 22:29 | スケッチ絵画 | Comments(6)
Commented by あまぎやま at 2011-02-22 09:51 x
「板」、好きです。少しオーバーな言い方ですが日本人の心を見つけた感じです。
Commented at 2011-02-22 18:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by datian at 2011-02-22 21:36
●あまぎやまさん、こんばんは。
 板には何故か心ひかれます。高級な木材もいいのですが
民家や小さな祠のようなところにある「板」、年月がたつと
木目が出てきて人とともに歳をとっていくような「板」愛着が
わいております。

Commented by datian at 2011-02-22 21:37
●鍵コメさん、こんばんは。
 とても良いカメラをゲットされておめでとうございます。
お気になさらなくていいですよ。またご訪問する楽しみが
増えました。こちらこそよろしくお願いします。

Commented by musapoo at 2011-02-22 22:02
板。
雨風にさらされてくたびれているのですが、
木は温もりを失うことがないですね。
それに釘のずれた打ち方が、
人のにおいがしてなおさら暖かく感じます。
Commented by datian at 2011-02-23 22:03
●musapooさん、こんばんは。
 小さな祠のようなのですが、近所の年配の方はそのいわれも
知らないし、どこに管理責任があるのかも知らないそうです。
でも、この祠が倒れないように支えを自費でおこなったり
しているそうです。そこにある板塀ですが、おっしゃられているように
釘で修復されたところに無償の暖かさが見えてくるようでした。

<< 暖かい 梅が咲いていました。 >>