近場の里山へ その2

 アケボノソウが咲いているだろうかとワクワクしながら、しかし今年の猛暑もあってダメかもしれないというあきらめの気持ちもまじりながら、里山を散策しておりました。歩く速度はカメさえ追いぬいていくであろうゆっくりしたもでした。
 今日はもうダメだと本当にあきらめかけていたときに、相方が「咲いてる!!」と発見しました。ここでもまた激写につぐ激写です。

1 アケボノソウ。
a0037907_2255593.jpg


2 同じく。
a0037907_22563860.jpg


3 同じく。
a0037907_22565942.jpg


4 ちょっとした秋もありました。
a0037907_2257343.jpg


5 スケッチはいつもの天神からです。
a0037907_22575813.jpg


6 同じく。
a0037907_22581662.jpg

by datian | 2010-10-22 22:59 | スケッチ絵画 | Comments(8)
Commented by 寅吉 at 2010-10-23 01:12 x
里山その1、その2.
美しいです。堪能させてもらいました。
ありがとうございます。

最近のdatianさんのスケッチは、
原点に戻られているように感じています。
一度は幅を広げてみて、やはりこれだというものを
得られたのでしょうか。

善し悪しを超えて、これらはdatianさんにしか
描けない絵だと確かに思います。
Commented by あまぎやま at 2010-10-23 08:49 x
40歳代、70歳代?年齢が描けるとは凄いことだ思いながら見せて頂きました。
Commented by datian at 2010-10-23 22:36
●寅吉さん、こんばんは。
 私も久しぶりに訪ねた里山で、森林浴をタップリとさせて
いただきました。

 原点、そして私にしか描けない絵という好評をいただき、
とても恐縮しつつありがとうございます。とはいえ、迷いも
たくさんあります。いま人物の類似化という問題点をかかえて
います。スケッチをしていて、以前に描いたスケッチと
とてもよく似た人物のスケッチになっていることがあります。
 私のなかで人物に対する概念化が進行しつつあるようです。
その概念から人物を見てしまっては生きた人物の新鮮な感動は
薄れてしまうように感じています。これもスケッチのなかで
克服せねばと、ゆっくりですが描きつづけようと思います。

Commented by datian at 2010-10-23 22:36
●あまぎやまさん、こんばんは。
 年齢による人物の違い、むずかしくて、ありがとうございます。
若い人にはエネルギーがあり、年配者には人生の深みがあり、
描くにはまだまだ未熟ですが、がんばります。

Commented by 寅吉 at 2010-10-24 01:47 x
類似化。わかる気がします。
自分を類似化と言えた時点で、
たとえ次が見えてなくとも、
次があることが見えたということではないでしょうか。

私は今、ちあきなおみにそれを学ぼうとしています。
彼女の表現力はすごいです。
Commented by mako3po at 2010-10-24 11:38 x
いつも、野草や風景に慰められます。
奥様も自然に触れられるようになり、嬉しい事ですね、
今年8月に洗髪後に風呂場で椅子から体が立たず、目が回り
救急車のお世話になりました。原因ははっきりしませんが、
慢性リウマチで免疫力がないので、小さな事で引き金に
なるのでしょう。。。
パソコンも減らしていますが、datianの頁は楽しみに
しております。お元気で
Commented by datian at 2010-10-24 13:08
●寅吉さん、こんにちは。
 なるほど、そうですね。問題点を意識しはじめたという
ことは次へのステップへのはじまりかもしれませんね。
とても良いヒントをいただき感謝しております。

 ちあきなおみさんをあらためて調べてみました。
また聞きたくなってきました。

Commented by datian at 2010-10-24 13:08
●mako3poさん、こんにちは。
 お体の方は大丈夫ですか。急な目眩から救急車のお世話になら
れたとのことあんじております。今は少し安定されているようで
少し安心いたしました。
 妻の膝も少しづつよくなってきたのですが、ここ数日のちょっと
した寒さで痛みが走り階段が降りられなくなりました。いまはその
痛みも落ち着いてはいるのですが、寒さ冷えは大敵のようです。
 つたない写真ですが、少しでもお気持ちが和らぐならこんなうれしい
ことはありません。どうかご自愛ください。

<< セセリチョウ その1 大分県はくじゅう、ミソコブシ山... >>