門司港アンティーク・雑貨マーケットに行ってきました。 その2。

1 会場の一部の様子ですが、この日も暑かったですね。(GX-100)
a0037907_215738.jpg



2 それでもやっぱり熱心に見て品定めです。(GX-100)
a0037907_21581412.jpg



3 なにを見ていたかというとこれです。(GX-100)
a0037907_21594097.jpg



4 この木のトラックの玩具を見て下さい。とくにタイヤです。昔の引き戸の滑車というのでしょうか、それがタイヤの代わりに付けられているんです。工夫をとおして当時の子供に対する愛情のようなものさえ感じます。子供がひもをつけて引っ張り回して遊んだのでしょう、車体の木の部分はすり減って角が丸くなっています。(Lumix G1)
a0037907_226425.jpg



5 ここでアンティークなおねいさんにも登場してもらいます。(Lumix G1)
a0037907_2274567.jpg



6 最後にいつものように天神からのスケッチが一枚です。
a0037907_2283559.jpg


次回も「門司港アンティーク・雑貨マーケット」のアップを続けます。
by datian | 2010-09-21 22:13 | スケッチ絵画 | Comments(6)
Commented by あまぎやま at 2010-09-22 12:52 x
戸車:思い出します、中学の頃まで作っては壊しでしたが中3になると鉱石ラジオから真空管ラジオへと・・・、この頃になって配線図が読めるようになりましたがトランジスターになってからはサッパリになってしまいました。懐かしいです。
Commented by datian at 2010-09-22 21:43
●あまぎやまさん、こんばんは。
 ほんと、なつかしいですよね。私も遠い記憶のかたすみに
あったのがヒョイと出てきました。
 鉱石ラジオから真空管ラジオもありましたね、私は鉱石ラジオで
ストップしてしまいました。耳元で音が出たときの驚きと感動、
なつかしいですね。

Commented by nakajimaakira1948 at 2010-09-23 09:30
datian さん、おはようございます!
4枚目の働く車、ええですねぇ~
運転席の天井板がハメコミになっていて ハメ込んでから仕上げていますね。

粗末な車ですが 製作者のこどもに対する愛情が伝わります (^^)

Commented by datian at 2010-09-23 21:25
●nakajimaakiraさん、こんばんは。
 はめ込みと仕上げ、おお、たしかに、nakajimaakiraさんは
さすが細かいところまで観察されているんですね。
 この玩具が何となく気になって撮ったのですが、あとから見ると
タイヤが戸車で代用していることに気づいて、じ〜んときました。
nakajimaakiraさんははめ込みに気づかれて、じ〜んですね。写真の
良さは後から気づいてじ〜んと来る、その記録性にもあること
に気付かされています。

Commented by aitoyuuki32 at 2010-09-23 22:09
実は火曜日、水曜日と小倉にいました。

展示会の仕事でしたので、準備とプレゼンでまったく時間が取れませんでした(^_^;

4時半まで展示会をやって、撤収作業をして、その日に帰れ、なんて鬼のような会社です。
Commented by datian at 2010-09-24 21:40
●aitoyuuki32さん、こんばんは。
 おお、そうでしたか。一日ちがいで急接近していたのですね。
あの日は小倉にも寄り道して、商店街の方を歩いたので、
おそらくプレゼン会場とは反対側だったようです。
 大変でしたね身体がもちませんよね、最近、オニが多いです。

<< 門司港アンティーク・雑貨マーケ... 門司港アンティーク・雑貨マーケ... >>