ある河川敷物語

 毎日ではないのですが、ほぼ一ヶ月ほど昼休みに近くの河川敷に通って撮影散策をしました。振り返ってみるとなんとなく定点観察的な写真になっておりました。
 今日は天神からのスケッチが1枚と写真が6点ほどです。

0 天神からのスケッチです。
a0037907_2218063.jpg



1 はじめは少し咲き始めておりました。(写真は全部Lumix G1+いろいろな安レンズ)
a0037907_221830100.jpg



2 だんだん増えてきました。
a0037907_22185684.jpg



3 一気に猛然と咲き誇りました。
a0037907_222087.jpg



4 見ごたえがありました。
a0037907_22203175.jpg



5 ところが、そこに集中豪雨です。いつもは4〜5メートル下が川の水面でしょうか、それがこの花よりさらに2メートルほど上まで水かさが増えて濁流となったようです。さらに2メートルほど水位が上がっていれば、はん濫していたかもしれません。
a0037907_22271480.jpg



6 しかししぶとく花は立ち上がってきました。ここで「くじけてはいけない」などの教訓的、道徳的な擬人化をするにはオッサンにとって無理があります。
a0037907_2228294.jpg



7 これは集中豪雨前に撮ったものですが、ヒメジオンでしたか黄色い花に囲まれてふんばっておりました。このヒメジオンは集中豪雨でも倒れていないのです。アカバナユウゲショウもニワゼキショウもしぶとく残っていました。小さな花のマメ科の外来種も残っています。集中豪雨の打撃からいかに早く回復し自己の植生を拡大していくか、激闘がはじまっているようです。もちろん濁流に種や根を運んでもらったチャッカリ系もいるかもしれません。自然界はキビシイです。人間界はさらに、、、、です。
a0037907_22383923.jpg

by datian | 2010-07-22 22:45 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by degasdegas at 2010-07-24 16:41 x
これは!いいですねぇー!こういう何でもない表情を描かしてたら、天下一品ですね!私なんかは、単なる無表情になってしまう...
Commented by datian at 2010-07-24 22:03
●degasdegasさん、こんばんは。
 デッサン的におかしい点もあると思いつつ自分でとても気に入って
いたので、評価していただくととてもうれしいです。
 描いていて、人物スケッチの楽しさを感じる一時でもありました。

<< 最近のバードウオッチング Lumix G1の液晶ファイン... >>