病院へ

 引き続き入院に必要なこまごまとしたものを届けに病院に出かけました。洗剤や簡単な日曜雑貨的なものはもちろんなのですが、やはり退屈するようで書籍の注文がおおいです。そこで今日のサプライズとして日本文学を朗読したものをiPodにコピーしてもっていきました。iTunesのPodcastのなかに日本文学や童話などを朗読したオーディオブック的なものがたくさん無料で開放されているので、それをコピーしたのです。これは相方も喜び、私もグッドアイディアとおおいに自己満足いたしました。

 スケッチは会社のお昼休みからです。連休前の忙しさが続いております。

a0037907_2149406.jpg

by datian | 2010-04-29 21:53 | スケッチ絵画 | Comments(2)
Commented by あまぎやま at 2010-04-30 13:42 x
ペンには無い別の魅力を感じています。早く退院が出来ますように。
Commented by datian at 2010-04-30 21:39
●あまぎやまさん、こんばんは。
毎回のお立ち寄り、そしてお見舞いありがとうございます。

どんな画材も奥が深いとは思うのですが、限られた画材にしか
接することができないのも事実のようです。そんななかで
子供のころから使っていた鉛筆がこんなに奥が深く難しく、
豊かな表現力をもっていることにびっくりしています。

<< 家事の行動範囲 病院の待合室でのスケッチ >>